ブログBLOG
2021.03.19

光触媒で抗菌

光触媒で抗菌

以前からある技術ですが、酸化チタンが光に当たったときに起こす化学反応を利用して防汚・抗菌する光触媒という技術があります。

当初は外壁の汚れ防止で使われていましたが
コロナの時代で室内の抗菌作用が注目されてきました。

壁や天井に塗布した酸化チタンに光が当たると、化学反応でマイナスの電子を放出させます。
そのマイナスの電子はプラスの電子とくっつきたがり。その結果室内のウイルスからプラスの電子を奪ってしまい、ウイルスが無力化する仕組みです。

新型コロナウイルスでもノロウイルスでも原理は同じで無力化してしまいます

ウイルスは極めて小さく軽いために空気中に浮遊することがあります
コロナは飛沫によって感染すると言われているようですが。それでも密を避けましょうとか換気をしましょうとか推奨されているので、空気感染も恐れもあるのでしょう

光触媒を壁や天井に散布した場合、ウイルスは壁などに吸着されて先ほどの説明のように無力化されてしまいます。
1時間で90%のウイルスが無力化出来るそうです。

同じように抗菌効果があるガラスコーティングとの違いは、
ガラスコーティングは塗膜を作りますが、光触媒は塗膜ではなく酸化チタンを吹き付けます
ガラスコーティングの場合は部屋全体ではなくテーブルとか水栓金具とか取ってとか局所的に利用することで効果を発揮し
光触媒は部屋全体をという考え方です

光触媒は摩耗に弱いので、電気のスイッチなどは4年ほどで効果が無くなってしまうようです

目的によって使い分けですね

当社は、光触媒もがラスコーティングも施工を行いますので、興味がある方はご連絡ください
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
人生にとっての住まいの在り方の最適解を導く(株)田口住生活設計室
自分の人生観・価値観を花開かせる 花神コンサルティング


さいたま市を中心に。キッチン・ユニットバスなどの水回りリフォーム、リノベーション、外壁塗装工事を行っています。
調査点検、耐震診断、リフォームコンサルティングは全国対応します。
   〒331-0802
   さいたま市北区本郷町1579
   電話 048-729-4517
   メール tjs@homedr.info
 YouTube『リフォーム百科事典』も是非ご覧ください。
 
代表 田口寛英  
   建築士・耐震診断士・住宅瑕疵担保協会インスペクター
   感動経営コンサルタント協会認定コンサルタント
   一般社団法人 ほめる達人協会認定講師
   人本・建築経営道場講師
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇