ブログBLOG
2021.03.06

渋沢栄一翁 ①

渋沢栄一➀ 両親について~1

NHK大河ドラマで渋沢栄一翁の物語が始まり、書店には渋沢コーナーが設けられています。
渋沢翁の名著『論語と算盤』が盛んに論ぜられるようになりました。

さて、渋沢翁がどんなことを成し遂げたのかは本を読んだりネットで調べれば容易に知ることができるので、ここではお話ししません。

じゃ、何を話すのかと言いますと、渋沢栄一が本当に成し遂げたかったのは何かを伝えたいと考えて書きます。

連載になると思いますので、興味を持たれたら続いてお読みください。

初回は渋沢栄一翁の生い立ちについてです。
渋沢家は今の埼玉県深谷市の利根川に近い地域の血洗島という、ちょっと恐ろしい名前の村で生まれました。
血洗島の由来はいろいろありますが、
私は『日光男体山の神様と群馬県赤城山の神様がムカデと蛇になって戦って、破れた男体山の神様がこの地で流れる血を洗った場所』という説を信じています。
戦ったのは日光の戦場ヶ原。赤城山の名前は『流れる血で山が赤く染まったので赤き血の山』が転じて赤城山になったと言われています。

渋沢翁は埼玉の偉人と言われていますが、渋沢翁が生まれたのは江戸時代でもちろん埼玉県はなく、今でいうなら上州のエリアですので、文化的には群馬県に近いとも言えます。

渋沢栄一翁は、血洗島の渋沢家本家筋の長男として生まれています。
実は、お父さんも渋沢なんです
その頃本家の渋沢は稼業が傾きかけていて、絶好調だった分家の次男(3男?)が本家立て直しのために婿に入ったわけです。

ですから、渋沢栄一翁は純粋渋沢家の血筋とも言えます。

その渋沢家のルーツをたどりたいのですが、残念ながら資料が残っていません。

さて、今日はこの辺で
また
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(株)田口住生活設計室
現場経験30年の建築士と大工が中心となって、皆様にとって一番短にいる家守りとして活動しています。
 さいたま市を中心にリフォーム・リノベーション工事を行っています。
また、耐震診断や建物調査では全国どこでもおうかがいします。
 キッチン・ユニットバスなどの設備機器、
 増改築、外壁塗装工事、調査・点検など、
リフォーム・リノベーションに関することはお気軽にご相談ください。
   〒331-0802
   さいたま市北区本郷町1579
   電話 048-729-4517
   メール tjs@homedr.info
 YouTube『リフォーム百科事典』も是非ご覧ください。
 
代表 田口寛英  
   建築士・耐震診断士・住宅瑕疵担保協会インスペクター
   感動経営コンサルタント協会認定コンサルタント
   一般社団法人 ほめる達人協会認定講師
   人本・建築経営道場講師
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
2021.03.04

シロアリの種類について

シロアリの種類と生態

日本には20種類以上のシロアリが居ます。
そのうち住宅に被害をもたらすのは大きく分けて2種類
土壌生息性のイエシロアリ ヤマトシロアリ 
木材生息性のカンザイシロアリ ダイコクシロアリなどです。

お住まいの地域によって生息するシロアリが違いますので、まずはネットなどで自分の地域にどんなシロアリが生息しているのかを調べてください。
シロアリの種類によって生態系が全然違いますし、対処方法も違います。

全国に幅広く生息しているヤマトシロアリは性格は大人しい生態でシロアリ単体では大きな被害をもたらす可能性は低く、ざっくり瀬戸内海沿岸に棲むイエシロアリは攻撃的で大きな被害がでます。

また、木材内に生息するカンザイ系のシロアリも要注意です。

経験的に、雨漏りがなければヤマトシロアリは構造的に問題が出るほどの被害は出ませんので、まずはシロアリの種類を知り生態を知ることで無駄な薬剤散布をすることなく家を守れます。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(株)田口住生活設計室
現場経験30年の建築士と大工が中心となって、皆様にとって一番短にいる家守りとして活動しています。
 さいたま市を中心にリフォーム・リノベーション工事を行っています。
また、耐震診断や建物調査では全国どこでもおうかがいします。
 キッチン・ユニットバスなどの設備機器、
 増改築、外壁塗装工事、調査・点検など、
リフォーム・リノベーションに関することはお気軽にご相談ください。
   〒331-0802
   さいたま市北区本郷町1579
   電話 048-729-4517
   メール tjs@homedr.info
 YouTube『リフォーム百科事典』も是非ご覧ください。
 
代表 田口寛英  
   建築士・耐震診断士・住宅瑕疵担保協会インスペクター
   感動経営コンサルタント協会認定コンサルタント
   一般社団法人 ほめる達人協会認定講師
   人本・建築経営道場講師
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
2021.03.03

大変! 床下地面がひび割れてる

床下の地面がひび割れ補修で250万!?

あるお客様での話です。

シロアリ業者が床下に潜ったところ、地面がひび割れていると報告があったそうです。
このままでは家が傾いてしまうから、コンクリートで補強しましょう。
ひび割れにコンクリートを流し込むのだそうで、費用は1㎡あたり5万円だそうです。

床下が15坪だと50㎡ですから、5万×50㎡で250万です。

このような業者に騙される方が珍しくありません。

全くの嘘。根拠のない提案です。

すべてとは言いませんが、床下の業者は悪質な人が多いですね
シロアリ駆除の他に、基礎補強、換気扇設置、調質剤敷き詰め、金具補強などを提案する業者は、まずは疑ってください。

全国どこでもメールでのご相談は受け付けています。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(株)田口住生活設計室
現場経験30年の建築士と大工が中心となって、皆様にとって一番短にいる家守りとして活動しています。
 さいたま市を中心にリフォーム・リノベーション工事を行っています。
また、耐震診断や建物調査では全国どこでもおうかがいします。
 キッチン・ユニットバスなどの設備機器、
 増改築、外壁塗装工事、調査・点検など、
リフォーム・リノベーションに関することはお気軽にご相談ください。
   〒331-0802
   さいたま市北区本郷町1579
   電話 048-729-4517
   メール tjs@homedr.info
 YouTube『リフォーム百科事典』も是非ご覧ください。
 
代表 田口寛英  
   建築士・耐震診断士・住宅瑕疵担保協会インスペクター
   感動経営コンサルタント協会認定コンサルタント
   一般社団法人 ほめる達人協会認定講師
   人本・建築経営道場講師
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
2021.03.01

床下は誰のもの?

床下は誰のもの?

お寺や神社に床下はありますか?
地面に石を覆いて柱を立てて床を作っています
今でいう基礎はありませんね。

その時、床の下は子供の遊び場であり、犬猫の居場所であり、虫たちの住処でした。
人の空間は床上で、床の下は様々な生物の共存空間でした

その後、基礎で囲われ、今では高気密高断熱で遮断されてしまいました。

様々な生き物たちの世界だった床下が、虫一匹入れない空間となりました。
そこで何が起こったのか?
虫や菌類がいることが異常な状態になってしまいました。

自然との共生共存が社会的テーマになっているのに
住まいづくりだけは自然と遮断する方向に進んでいることが残念に思います
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(株)田口住生活設計室
現場経験30年の建築士と大工が中心となって、皆様にとって一番短にいる家守りとして活動しています。
 さいたま市を中心にリフォーム・リノベーション工事を行っています。
また、耐震診断や建物調査では全国どこでもおうかがいします。
 キッチン・ユニットバスなどの設備機器、
 増改築、外壁塗装工事、調査・点検など、
リフォーム・リノベーションに関することはお気軽にご相談ください。
   〒331-0802
   さいたま市北区本郷町1579
   電話 048-729-4517
   メール tjs@homedr.info
 YouTube『リフォーム百科事典』も是非ご覧ください。
 
代表 田口寛英  
   建築士・耐震診断士・住宅瑕疵担保協会インスペクター
   感動経営コンサルタント協会認定コンサルタント
   一般社団法人 ほめる達人協会認定講師
   人本・建築経営道場講師
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
2021.02.28

シロアリを知りたければここに行け!!

シロアリを知るには、このサイトが一番

https://www.sinfonia.or.jp/~isoptera/



岡崎シロアリ研究所のサイトです。
絶対に役に立ちます。

シロアリは害虫で根絶しなければいけない
そのために薬剤散布して、換気扇をつけて、調湿材を敷き詰めて
そんな業者とはまったく違う、生態系からシロアリを学んで
生物としてのシロアリを尊重しつつ建物への被害をどのように防ぐのかを教えてくれます。

間違いなく、勉強になります
是非、サイトに行ってみてください。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(株)田口住生活設計室
現場経験30年の建築士と大工が中心となって、皆様にとって一番短にいる家守りとして活動しています。
 さいたま市を中心にリフォーム・リノベーション工事を行っています。
また、耐震診断や建物調査では全国どこでもおうかがいします。
 キッチン・ユニットバスなどの設備機器、
 増改築、外壁塗装工事、調査・点検など、
リフォーム・リノベーションに関することはお気軽にご相談ください。
   〒331-0802
   さいたま市北区本郷町1579
   電話 048-729-4517
   メール tjs@homedr.info
 YouTube『リフォーム百科事典』も是非ご覧ください。
 
代表 田口寛英  
   建築士・耐震診断士・住宅瑕疵担保協会インスペクター
   感動経営コンサルタント協会認定コンサルタント
   一般社団法人 ほめる達人協会認定講師
   人本・建築経営道場講師
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
2021.02.27

床下の調湿材って?

床下調質材について

床下調質材として、炭、天然石、シリカゲルなどがあります
ほとんどが多孔質のもので、床下の湿気を吸収し、空気が乾燥すると吐き出す仕組みです。

さて、調質材は本当に必要なのかがテーマです。
結論、シロアリには効果がありません。腐朽菌にも効果がありません。

その理由ですが、シロアリは乾燥状態の床下でも発生します。
そもそもの話ですが、日本に多く生息するヤマトシロアリとイエシロアリの両方とも乾燥状態の木材も食害しています。
シロアリとはそうゆう生き物なんですね。

次に腐朽菌にも効果がない理由ですが、
腐朽菌が好む湿度は含水率が25%以上です
15%以下では菌糸を伸ばしません
しかも、腐朽菌が大きな被害をもたらすには数年の単位が必要です
梅雨時だけ湿度があがり、冬のように乾燥状態になるような環境ではもっと長い年月がかかります。
つまり、腐朽菌が発生する(成長する)には常時水に濡れている程度の環境が必要です。
このような環境に調湿材を敷き詰めたところで意味はありませんね。

昨日も書きましたが、調湿材を敷き詰めるなら換気扇の方が安くて有効です。

調湿材を進める業者がいたら、シロアリや腐朽菌のことをわかっていない人だと判断してください。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(株)田口住生活設計室
現場経験30年の建築士と大工が中心となって、皆様にとって一番短にいる家守りとして活動しています。
 さいたま市を中心にリフォーム・リノベーション工事を行っています。
また、耐震診断や建物調査では全国どこでもおうかがいします。
 キッチン・ユニットバスなどの設備機器、
 増改築、外壁塗装工事、調査・点検など、
リフォーム・リノベーションに関することはお気軽にご相談ください。
   〒331-0802
   さいたま市北区本郷町1579
   電話 048-729-4517
   メール tjs@homedr.info
 YouTube『リフォーム百科事典』も是非ご覧ください。
 
代表 田口寛英  
   建築士・耐震診断士・住宅瑕疵担保協会インスペクター
   感動経営コンサルタント協会認定コンサルタント
   一般社団法人 ほめる達人協会認定講師
   人本・建築経営道場講師
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
2021.02.23

床下業界の闇

床下業界の闇 床下換気扇は必要か

シロアリの無料点検を装って高額な工事を売りつける業者がいます。

今日は床下換気扇が必要かどうかについてです。
答えを先に言いますと、ほとんどのお宅では必要ありません。

新築では室内の換気をするための換気扇設置が義務付けられています。
しかし、床下換気扇は義務化されていません。
新築時に木材に防蟻処理は義務になっていますので、床下の湿気を逃がすために換気扇が必要でしたら法律で義務化されますよね。

換気扇を設置してもシロアリは発生します。
換気扇=シロアリが出ないのは大間違いなんです。

換気扇をつけて有効だったのは、床下が黴臭いというお宅の場合に改善が見られたことがあります。
ですから、完全に不要だとは言いません

昨日、一昨日に書きましたが、床下の環境は木材の含水率によって調べます
含水率を調べることなく換気扇を進めるのは、まったく根拠がありません。

そして、費用です
アマゾンで床下換気扇の値段を調べてください
三菱やパナソニックでも換気扇3台で50000円程度です
工事費を入れても15万程度でしょうね。

床下業界の方々は、これを50万とか100万で販売します
まさに闇です。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(株)田口住生活設計室
現場経験30年の建築士と大工が中心となって、皆様にとって一番短にいる家守りとして活動しています。
 さいたま市を中心にリフォーム・リノベーション工事を行っています。
また、耐震診断や建物調査では全国どこでもおうかがいします。
 キッチン・ユニットバスなどの設備機器、
 増改築、外壁塗装工事、調査・点検など、
リフォーム・リノベーションに関することはお気軽にご相談ください。
   〒331-0802
   さいたま市北区本郷町1579
   電話 048-729-4517
   メール tjs@homedr.info
 YouTube『リフォーム百科事典』も是非ご覧ください。
 
代表 田口寛英  
   建築士・耐震診断士・住宅瑕疵担保協会インスペクター
   感動経営コンサルタント協会認定コンサルタント
   一般社団法人 ほめる達人協会認定講師
   人本・建築経営道場講師
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
2021.02.22

木材の腐朽とシロアリについて

木材の腐朽とシロアリについて

昨日のブログの最後に含水率計を持っていないシロアリ業者は論外と書きました。
それについてお話しします

木材の腐朽もシロアリの繁殖も、鍵になるのが湿度です。
床下の土台や大引きに使われている木材の含水率が大切です
含水率とは、漢字のとおり含まれている水分です

仮に含水率が20%を超えているとしたら何らかの対策が必要
15%以下なら腐朽菌の発生も、シロアリによる大規模被害もないと考えてよいでしょう

残念ながらシロアリ点検業者が含水率を調べないであれこれ提案するのは科学的根拠がないものです。

シロアリ 防蟻についてはともかく、床下換気扇を進められたら科学的な根拠を質問してください。そこで含水率の説明がなければヤブ医者ですね。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(株)田口住生活設計室
現場経験30年の建築士と大工が中心となって、皆様にとって一番短にいる家守りとして活動しています。
 さいたま市を中心にリフォーム・リノベーション工事を行っています。
また、耐震診断や建物調査では全国どこでもおうかがいします。
 キッチン・ユニットバスなどの設備機器、
 増改築、外壁塗装工事、調査・点検など、
リフォーム・リノベーションに関することはお気軽にご相談ください。
   〒331-0802
   さいたま市北区本郷町1579
   電話 048-729-4517
   メール tjs@homedr.info
 YouTube『リフォーム百科事典』も是非ご覧ください。
 
代表 田口寛英  
   建築士・耐震診断士・住宅瑕疵担保協会インスペクター
   感動経営コンサルタント協会認定コンサルタント
   一般社団法人 ほめる達人協会認定講師
   人本・建築経営道場講師
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
2021.02.21

材木の腐朽について

木材の腐朽について

雨漏りして木材が腐ってしまいますよ!!
訪販系の人がよく使うセリフです。

一般に木材は水に弱いイメージがありますが、実際はどうなんでしょうか

木を腐らせるのは腐朽菌が原因です。
腐朽菌にも色々種類がありますが、
ほとんどの菌の生育条件は、適度の水分、温度、酸素、栄養分です。

少し難しいことを書きますが、
湿度85%以上、木材含水率が20%以上、温度は20~30℃が菌繁殖に適した環境で、
高温多湿の環境を好み、酸素を必要とし、栄養分は木材に含まれるリグニン、セルロース、ヘミセルロースです。

生育条件の温度 酸素 栄養分(木材) 湿度
住宅の場合は、栄養分となる木材は存在しますよね
温度と空気も防ぐことができません
となると湿度の管理が重要です


となると、木材は雨漏りしたら腐る!
と思うかもしれませんが、時々濡れる程度では腐りません
もしそれで腐るならお寺や神社の建物はすぐに腐ってしまいます
常時湿潤状態かどうかがポイントです
一時的に雨漏りしても、雨漏りがおさまって乾いている状態なら心配は不要です。

では、常時湿潤状態かどうかの判断はどうするのか?
これは、素人の方では難しいので専門家に依頼してください
その時のポイントは床下だと思いますよ

あと、含水率計を持ってない床下調査員は論外ですね
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(株)田口住生活設計室
現場経験30年の建築士と大工が中心となって、皆様にとって一番短にいる家守りとして活動しています。
 さいたま市を中心にリフォーム・リノベーション工事を行っています。
また、耐震診断や建物調査では全国どこでもおうかがいします。
 キッチン・ユニットバスなどの設備機器、
 増改築、外壁塗装工事、調査・点検など、
リフォーム・リノベーションに関することはお気軽にご相談ください。
   〒331-0802
   さいたま市北区本郷町1579
   電話 048-729-4517
   メール tjs@homedr.info
 YouTube『リフォーム百科事典』も是非ご覧ください。
 
代表 田口寛英  
   建築士・耐震診断士・住宅瑕疵担保協会インスペクター
   感動経営コンサルタント協会認定コンサルタント
   一般社団法人 ほめる達人協会認定講師
   人本・建築経営道場講師
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
2021.02.20

キッチン交換と一緒にする工事は

キッチン工事と一緒に行うべき工事は何?

キッチンの交換をお考えの方に、是非知っていただきたいのが、
交換工事と一緒にやったほうがいい工事についてです。

結論から言うと、➀床と床下収納 ➁耐震補強です。

特に床工事は一緒のほうがメリットがあります。
その理由は、
床は張替えではなく重ね張りするほうがコストも安く、工期も短くすみます。
キッチンを取り付けたまま重ね張りをすると、床の高さが上がってしまうので下部の引き出しが開かなくなります。
ですから、いったん費用をかけていったん取り外すか、あるいはキッチン交換の時に12ミリだけ下地をいれておく必要があります。
下地を入れるとキッチンの高さが85センチから86.2センチで使用開始となり、床を重ね張りした時に85センチに戻るようになりますが、
これって、慣れてしまっていると低く感じますね。

張り替える場合ですと、キッチンを設置したままでは施工不可だと考えてください。
すると一時撤去費用がかかってしまいます。

と言うことで、床とキッチンはセットで考えていただき、予算の関係でどうしてもと言う場合には下地を入れるなどの対策が必要です。

➁の耐震補強については、また別の機会にお話しします。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(株)田口住生活設計室
現場経験30年の建築士と大工が中心となって、皆様にとって一番短にいる家守りとして活動しています。
 さいたま市を中心にリフォーム・リノベーション工事を行っています。
また、耐震診断や建物調査では全国どこでもおうかがいします。
 キッチン・ユニットバスなどの設備機器、
 増改築、外壁塗装工事、調査・点検など、
リフォーム・リノベーションに関することはお気軽にご相談ください。
   〒331-0802
   さいたま市北区本郷町1579
   電話 048-729-4517
   メール tjs@homedr.info
 YouTube『リフォーム百科事典』も是非ご覧ください。
 
代表 田口寛英  
   建築士・耐震診断士・住宅瑕疵担保協会インスペクター
   感動経営コンサルタント協会認定コンサルタント
   一般社団法人 ほめる達人協会認定講師
   人本・建築経営道場講師
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇