ブログBLOG
2021.02.24

床下換気扇と調湿材とシロアリ

床下換気扇と調湿材

昨日に引き続き床下換気扇のことをお話しします。

換気扇を使わないと床下の換気が出来ないのでしょうか?
答えは、NO。
自然換気で十分なお宅がほとんどです。
ただし、中には基礎の構造が複雑だったり
床下換気のことを考えない基礎の入れ方をしている家もあります
その時には換気扇で強制的に空気を入れ替えるのは意味があります。

では、基礎が複雑な家で換気扇をつけないと問題が起きるのでしょうか?
答えはNO
問題は起きないことが多いです
換気が少ない=湿度が多いわけではありません

床下が地面のままで、その地面が湿気を多く含む場合には床下の湿度は上がりますので、その場合は注意が必要です
注意とは木材の含水率を測定するということで、
もし、含水率が20%を超えるようでしたら、その時初めて換気扇の設置を検討してください。

床下系の業者の得意商材の一つに調湿材があります。
こちらも換気扇と同様に敷き詰める必要はほとんどありません。

詳しくは、明日。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(株)田口住生活設計室
現場経験30年の建築士と大工が中心となって、皆様にとって一番短にいる家守りとして活動しています。
 さいたま市を中心にリフォーム・リノベーション工事を行っています。
また、耐震診断や建物調査では全国どこでもおうかがいします。
 キッチン・ユニットバスなどの設備機器、
 増改築、外壁塗装工事、調査・点検など、
リフォーム・リノベーションに関することはお気軽にご相談ください。
   〒331-0802
   さいたま市北区本郷町1579
   電話 048-729-4517
   メール tjs@homedr.info
 YouTube『リフォーム百科事典』も是非ご覧ください。
 
代表 田口寛英  
   建築士・耐震診断士・住宅瑕疵担保協会インスペクター
   感動経営コンサルタント協会認定コンサルタント
   一般社団法人 ほめる達人協会認定講師
   人本・建築経営道場講師
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
2021.02.23

シロアリ&床下業界の闇

床下業界の闇 床下換気扇は必要か

シロアリの無料点検を装って高額な工事を売りつける業者がいます。

今日は床下換気扇が必要かどうかについてです。
答えを先に言いますと、ほとんどのお宅では必要ありません。

新築では室内の換気をするための換気扇設置が義務付けられています。
しかし、床下換気扇は義務化されていません。
新築時に木材に防蟻処理は義務になっていますので、床下の湿気を逃がすために換気扇が必要でしたら法律で義務化されますよね。

換気扇を設置してもシロアリは発生します。
換気扇=シロアリが出ないのは大間違いなんです。

換気扇をつけて有効だったのは、床下が黴臭いというお宅の場合に改善が見られたことがあります。
ですから、完全に不要だとは言いません

昨日、一昨日に書きましたが、床下の環境は木材の含水率によって調べます
含水率を調べることなく換気扇を進めるのは、まったく根拠がありません。

そして、費用です
アマゾンで床下換気扇の値段を調べてください
三菱やパナソニックでも換気扇3台で50000円程度です
工事費を入れても15万程度でしょうね。

床下業界の方々は、これを50万とか100万で販売します
まさに闇です。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(株)田口住生活設計室
現場経験30年の建築士と大工が中心となって、皆様にとって一番短にいる家守りとして活動しています。
 さいたま市を中心にリフォーム・リノベーション工事を行っています。
また、耐震診断や建物調査では全国どこでもおうかがいします。
 キッチン・ユニットバスなどの設備機器、
 増改築、外壁塗装工事、調査・点検など、
リフォーム・リノベーションに関することはお気軽にご相談ください。
   〒331-0802
   さいたま市北区本郷町1579
   電話 048-729-4517
   メール tjs@homedr.info
 YouTube『リフォーム百科事典』も是非ご覧ください。
 
代表 田口寛英  
   建築士・耐震診断士・住宅瑕疵担保協会インスペクター
   感動経営コンサルタント協会認定コンサルタント
   一般社団法人 ほめる達人協会認定講師
   人本・建築経営道場講師
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
2021.02.22

木材の腐朽とシロアリについて

木材の腐朽とシロアリについて

昨日のブログの最後に含水率計を持っていないシロアリ業者は論外と書きました。
それについてお話しします

木材の腐朽もシロアリの繁殖も、鍵になるのが湿度です。
床下の土台や大引きに使われている木材の含水率が大切です
含水率とは、漢字のとおり含まれている水分です

仮に含水率が20%を超えているとしたら何らかの対策が必要
15%以下なら腐朽菌の発生も、シロアリによる大規模被害もないと考えてよいでしょう

残念ながらシロアリ点検業者が含水率を調べないであれこれ提案するのは科学的根拠がないものです。

シロアリ 防蟻についてはともかく、床下換気扇を進められたら科学的な根拠を質問してください。そこで含水率の説明がなければヤブ医者ですね。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(株)田口住生活設計室
現場経験30年の建築士と大工が中心となって、皆様にとって一番短にいる家守りとして活動しています。
 さいたま市を中心にリフォーム・リノベーション工事を行っています。
また、耐震診断や建物調査では全国どこでもおうかがいします。
 キッチン・ユニットバスなどの設備機器、
 増改築、外壁塗装工事、調査・点検など、
リフォーム・リノベーションに関することはお気軽にご相談ください。
   〒331-0802
   さいたま市北区本郷町1579
   電話 048-729-4517
   メール tjs@homedr.info
 YouTube『リフォーム百科事典』も是非ご覧ください。
 
代表 田口寛英  
   建築士・耐震診断士・住宅瑕疵担保協会インスペクター
   感動経営コンサルタント協会認定コンサルタント
   一般社団法人 ほめる達人協会認定講師
   人本・建築経営道場講師
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇